【黒岩健一郎さんの猫動画】あんなにシャーシャー言ってたのに、こんなに懐くようになるの?猫への深い愛を感じます

私が好きなYouTuberは、黒岩健一郎さんです。私は猫好きで自身も猫を飼っていますが、よその猫ちゃんも見たくなって、よくYouTubeで猫の動画を観ます。

その中でも特に気に入っているのが黒岩健一郎さんの動画です。どんな方なのか、ご紹介しますね。

保護猫の一時預かりというボランティア

黒岩さんは、ご夫婦でイラストレーターをされています。猫が大好きで、これまでにもたくさんの猫ちゃんを飼ってこられたようですが、私が特に興味を引かれたのは、トラウマを抱えた野良猫を保護団体から引き受けて、その子を愛情をかけてお世話し、人間が大好きな家猫になるように育てて、譲渡会に参加し、里親さんのもとに引き渡す『保護猫の一時預かり』という取り組みをされているという点です。

深い深い愛情と、限りない辛抱強さ

黒岩さんのお宅にはジャンくんという男の子の猫ちゃんがいます。この子は一時預かりではなく、ご自身で飼っていらっしゃるのですが、黒岩さんちに来る前に人間に相当ひどい目にあわされたようで、人間に対する警戒心、敵対心がハンパなくて、最初の頃はもう、観ているこっちも怖くなるほど怒りを全身で表していました。

私が黒岩さんの動画を知ったきっかけは、このジャンくんでした。それでも黒岩さんご夫婦は、決して焦らず、諦めず、辛抱強く時間をかけて愛情を注がれて、今ではジャンくんはご主人大好きな甘えん坊猫さんになりました。

数匹の猫が、新しい飼い主さんのもとへ

ジャンくんは黒岩さんちの猫ちゃんですが、ご夫婦はこれまで何匹かのトラウマ猫ちゃんを保護団体から預かってお世話し、里親さんのもとに無事に送り出しています。

黒猫のラブくんハチワレのシオンくん兄弟、茶トラのチャコちゃんたちです。

どの子も元野良で、最初の頃は目が合っただけでシャーシャー言うほど、人間に対する警戒心、敵対心が強く、とても人間に懐くようにはならないんじゃない?と観ている私が諦めたくなるような子たちばかりでした。それでも黒岩さんご夫婦は愛情深く辛抱強く接して、無事にみんな、新しい飼い主さんのもとへ巣立って行きました。

ご自身で飼うのではなく、いつかは送り出さなければならないという前提の下、心からの愛情を注いでお世話をするというボランティア。そういう取り組みをされている黒岩さんご夫婦には、同じ猫好きとして頭が下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です